1. 古本出張買取屋TOPはこちら
  2. 会社概要
  3. サイトマップ

『天皇陛下の私生活 1945年の昭和天皇』 | 出張古本買取・遺品買取はお電話1本で高価買取の古本出張買取屋へ!

キーワード|名古屋で古本出張買取は古本出張買取屋へ!春日井・尾張旭・瀬戸市・一宮市など キーワード|名古屋で古本出張買取は古本出張買取屋へ!春日井・尾張旭・瀬戸市・一宮市など

『天皇陛下の私生活 1945年の昭和天皇』

本日もたくさんの古書、古本を買取させていただき誠にありがとうございます。

古本出張買取屋スタッフの後藤です。

 

 

古本出張買取屋では、様々なジャンルの本を買取させていただいていますが、

その中で仕事としての知識とは別に、

私個人としてどうしても「興味・関心を持てないジャンル」が存在します。

ただ不思議なことに、この仕事をしていると、

興味がなかったジャンルに触れていく中で

いつのまにか興味が湧いている、という現象が起こります。

自分には一生縁がないだろうと思っていたジャンルも、

そんな風にちょっとしたきっかけで興味が持てるようになるものです。

 

最近手にした、米窪明美著 『天皇陛下の私生活 1945年の昭和天皇』。

皇室にさほど興味がなかった私がこれを読むきっかけになったのが、

ネットで見た『昭和天皇はお一人でお風呂に入られていた』という一文でした。

「何を当たり前のことを・・・」と思いその記事を読んでみると、

『天皇陛下の私生活 1945年の昭和天皇』という本の紹介であることがわかりました。

 

『昭和天皇はお一人で入られていたが、

明治天皇がお風呂に入られる時は3人の女官がお供をしていた。』とあり、

上半身は清浄、下半身は不浄のものとされていたことから、

上半身を穢さないよう、上半身と下半身は分けて洗われていたこと、

下半身の湯が上半身に達しないよう、湯船に浸かる際は常に半身浴だったこと、など

興味深い話が続きます。ただ、今回はこの話はこの辺で。

とにかく私が衝撃を受けたのは、「天皇にも日常生活がある」ということ。

天皇だって人なのだからそれはそうだ、とも思いましたが、

天皇の公務以外の生活なんて想像したこともありません。

一体どんなものだろう?

一人の人としての昭和天皇とは?というところから、その私生活に興味が湧きました。

 

この本のポイントは、昭和天皇の私生活についてももちろんですが、

1945年の1年間に焦点を当てたものであるということ。

1945年といえば、終戦の年。

この1年についての皇室の様子を知ることには大きな意味があります。

 

興味がなかったジャンルなので、読むのが苦痛になるだろうと考えていましたが、

今まで知ることがなかった昭和天皇の人柄や、宮廷内の様子が新鮮で

むさぼるように読んだうえ、

玉音放送についての話の部分では、当時の天皇自身やまわりの人達の思いを読みながら、

実際に玉音放送を聞いたりもしました。

そして、天皇の私生活への興味から始まったはずが、

読んでいくうちに、本の中に描かれている戦争の悲惨さの方に意識が集中していきました。

 

学校で日本の歴史の一部として、戦争については学びますが、

乱暴な言い方をしてしまえば、今の若い世代にとってそれは教科書の中の出来事であって、

世界規模かどうかという部分を無視すれば、

「応仁の乱」や「関ヶ原の戦い」などと同じ、「昔起こった戦争」という

ひとつの括りにされかねません。

実際に起ったことだというのは理解していても、経験していないので実感はない。

8月15日が何の日か聞かれて、答えられない若者も増えてきているといいます。

 

私も戦争を描いたドラマや映画を見る機会はあります。

でも、それは「知っている役者」が「演技」をしているんだという気持ちが

頭の片隅にある状態で見ています。

それを見ることで色々な感情は湧いてくるものの、

日々の生活で、その時に感じた思いは薄れていってしまいます。

それなのになぜでしょうか、

一人の経験としてのノンフィクションを読む時、あるいは親しい人から話を聞く時、

それはグッと近いものになり、「自分に関係ないこと」ではなくなります。

実際に戦争を経験した世代がいなくなってしまっても、経験した人達の本や映像は残る。

それを読んだり見たりすることで、後の世代にも伝わるものがある。

そう感じました。

 

この本を読んだのは奇しくも終戦記念日の直前で、

去年までとは違った思いで、ニュースの特集や戦争についての特番を見ました。

そういった歴史を直視することは、経験していない私達ですら苦しく、

できれば無関係でいたい、知らずにいたい。

でも一方で、こうした歴史に目を向けることで、

絶対に繰り返してはいけない、という思いを強くすることが出来るとも思うのです。

 

 

 

名古屋古書籍商業協同組合
出張 出張買取 古書 古本 古本出張買取 名古屋 愛知県 組合 買取 名古屋市 ニュース ネット 記事 放送 天皇 明治 日本 映画 ドラマ 歴史 特集 戦争 ジャンル 読む 昭和 教科書 世界 記念日 紹介 仕事 映像 ノンフィクション 知識 終戦 学校 読んで 古本出張 古本出張買取屋 More..

古本出張買取エリア




古本出張買取・遺品買取のご依頼は|名古屋で古本出張買取は古本出張買取屋へ!春日井・尾張旭・瀬戸市・一宮市など



古物商許可番号 愛知県公安委員会許可 第542561203700号
 
;