ブログテーマ

最近のブログ記事

月間アーカイブ

サイトメニュー

  1. TOP
  2. 買取について
  3. 買取の流れ
  4. 出張エリア
  5. よくあるご質問
  6. お客様の声
  7. 出張お申込み
  8. 業者様へ
  9. 会社概要
  10. 採用情報
  11. プライバシーポリシー
  12. お問い合わせ

古本出張買取屋スタッフブログ

今度は実写ドラマ化 東村アキコのラブコメ漫画『海月姫(くらげひめ)』をご紹介 2010年アニメ化・2014年実写映画化 古本出張買取屋スタッフ日記

2018年01月19日  14時15分
本日もたくさんの古書、古本を買取させていただき誠にありがとうございます。

古本出張買取屋スタッフの吉田です。

 

今回は、1月から月9でドラマが放送中、

東村アキコのラブコメ漫画『海月姫(くらげひめ)』をご紹介します。

2010年にアニメ化・2014年に実写映画化がされている『海月姫』ですが、 

今度は実写ドラマ化、しかも月9とは・・・。

2017年に『東京タラレバ娘』がドラマ化されたばかりなのに、

こんなにも早く他作品、しかも大好きな『海月姫』のドラマ化!

東村アキコファンの私にとっては、とても嬉しいニュースでした。

 

主人公は、イラストレーターになる事を夢見て上京した、

倉下月海(つきみ)18歳です。

彼女が住んでいるのは、男子禁制のアパート、天水館(あまみずかん)。

ここには、クラゲオタクの月海をはじめ、

着物オタクに鉄道オタク、三国志オタクなど、

「男を必要としない人生」を掲げる、ニートのオタク女子達(通称『尼~ず』)が住んでいます。

家ではジャージやスウェット姿など楽で地味な格好ばかり、

ファッションなど全く興味がなく、オシャレな人達を見ると石化してしまう尼~ず。

そんな彼女達が、土地の再開発による天水館取り壊しの危機を救うため、

クラゲが縁で知り合ったオシャレ大好き女装男子、蔵之介のプロデュースで、

『ファッションブランドを立ち上げる』事になるというストーリー。
 
 

映画版は、クラゲオタクの月海を のん(能年玲奈)が、

女装男子の蔵之介を菅田将暉が演じています。

その他のキャストも「原作に忠実」と好評だった分、

ドラマのキャストが心配でしたが、

月海役の芳根京子、蔵之介役の瀬戸康史、

脇を固める尼~ずも、元SKE48の松井玲奈やモデルの内田理央など、豪華な顔ぶれ。

ただ、上に挙げた尼~ず2人は原作通り、顔が髪の毛に隠れてしまって

誰だかわからない状態。(笑)

パンチの効いたオタクの役なのに、皆の演技が振り切っているので

ドラマも違和感なく見る事が出来ました。

 

原作では、蔵之介の兄(30歳・女性と交際経験がない真面目で堅物な議員秘書)が

登場し、物語に大きく関わってくるのですが、

ドラマでは、兄ではなく弟という設定になっているので、

それがストーリーにどう影響するのかも楽しみのひとつ。


 
ドラマを見た後、「原作の1話を読み返したいな」と、

軽い気持ちで1巻を引っ張り出したのですが、読みだしたらどうにも止められず・・・

コミックス全17巻を読破する勢いです。(笑)

 

オシャレとは無縁の生活をしてきた尼~ずに、

ファッションブランドの運営なんて出来るのか!?

オタク女子達の奮闘を描いた『海月姫』、原作もドラマも要チェックです!


名古屋古書籍商業協同組合
コメント
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバックURL:

古物商許可番号 愛知県公安委員会許可 第542561203700号