ブログテーマ

最近のブログ記事

月間アーカイブ

サイトメニュー

  1. TOP
  2. 買取について
  3. 買取の流れ
  4. 出張エリア
  5. よくあるご質問
  6. お客様の声
  7. 出張お申込み
  8. 業者様へ
  9. 会社概要
  10. 採用情報
  11. プライバシーポリシー
  12. お問い合わせ

古本出張買取屋スタッフブログ

5月11日に発売された又吉直樹の『劇場』をご紹介 第153回芥川龍之介賞受賞作家 小説『火花』2015年(平成27年) 古本出張買取屋スタッフ日記

2017年07月05日  09時51分
本日もたくさんの古書、古本を買取させていただき誠にありがとうございます。
 古本出張買取屋スタッフの吉田です。
 
今回は、5月11日に発売された又吉直樹の『劇場』をご紹介します。
芥川賞を受賞した『火花』は、お笑い芸人の話だったので
又吉本人にとって身近な題材でしたが、
『劇場』は恋愛小説という事で、どんな作品になるのだろうと楽しみにしていました。
本当は文庫化まで待つつもりだったのですが、
どこの本屋に行っても必ず又吉コーナーがあるので、
我慢できずに購入してしまいました。
                   
 
『劇場』は、売れない小劇団で脚本と演出を担当する永田と恋人の沙希、
2人の出会いから数年間を描いた物語です。
 
最初、永田に抱いた印象は「気持ち悪っ!!」でした。
沙希との出会いのシーン、さすがにこれはないぞ!と思わず笑ってしまう程に
永田が気持ち悪かったからです。
主人公がこんな人で、最後まで作品を読み切る事が出来るだろうか、なんて
不安を覚えたのは初めてでした。
 
読み進めていくと、永田は性格が面倒くさいうえ、他人への批判も多く、
年下の恋人の家に転がり込んでヒモ同然の生活を送るなど、
人としてどうなのかと思う言動が目立つ目立つ!
読んでいてずっとモヤモヤしていたのですが、
そういった言動も永田目線で語られると、
共感してしまう部分も少しあり・・・。
優しくしたいと思っているのに優しくできなかったり、
言うべきじゃないとわかっている事を言ってしまったり、
そんな永田を自分に重ねて色々考えてしまいました。
ただ、そんな永田と付き合い続ける沙希も辛そうで・・・
それでも2人がどうなるのか見届けたくて、
ページをめくる手が止まりませんでした。
 
 
私個人の意見としては、前作の『火花』よりも、『劇場』の方が
好きだなと思いました。
そして、最後まで読んでまさか泣くとは思いませんでした。
 
この作品を読んで、人間の弱い部分や汚い部分をここまで露骨に描いてしまえるのか、と
又吉に対するイメージが変わりました。
次回作にも期待です!
 
『火花』は、過去にネットドラマが配信されましたが、
今年の11月には、人気俳優の菅田将暉と桐谷健太のダブル主演で
映画化もされるとの事。
しかも監督が、私の大好きな板尾創路。
これは見るしかないでしょう!!
『劇場』もいずれドラマ化や映画化などするのでしょうか、
今から楽しみです。
 
余談ですが、先日又吉に壇蜜との熱愛報道が出たので、
『劇場』が恋愛小説だった事もあり、お似合いだな!と思って注目していました。
しかし、どうやら嘘の情報だったようで・・・ちょっとガッカリした私なのでした。(笑)


名古屋古書籍商業協同組合
1

古物商許可番号 愛知県公安委員会許可 第542561203700号