ブログテーマ

最近のブログ記事

月間アーカイブ

サイトメニュー

  1. TOP
  2. 買取について
  3. 買取の流れ
  4. 出張エリア
  5. よくあるご質問
  6. お客様の声
  7. 出張お申込み
  8. 業者様へ
  9. 会社概要
  10. 採用情報
  11. プライバシーポリシー
  12. お問い合わせ

古本出張買取屋スタッフブログ

大ヒット上映中 劇場版アニメ第21作『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』 少年サンデー連載『名探偵コナン』をご紹介 青山剛昌先生の推理漫画 小学館 最新92巻 古本出張買取屋スタッフ日記

2017年05月01日  15時35分
本日もたくさんの古書、古本を買取させていただき誠にありがとうございます。
古本出張買取屋スタッフの吉田です。
 
今回は、4月15日から劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』が
公開されている青山剛昌の漫画、『名探偵コナン』をご紹介します。
 
『名探偵コナン』。
誰もが一度は見たり聞いたりした事があるこの作品。
今更それを紹介?という気もする位の、日本で一番有名な推理漫画です。
 
1994年に少年サンデーで連載が開始してから、
20年以上たった今も続いていて、現在コミックスは92巻まで出ています。
アニメは1996年開始、劇場版アニメも1997年から毎年公開されていて
今回の『から紅の恋歌(ラブレター)』で21作目という超人気作。
 
こんなに長く連載しているのに、漫画の中ではまだ1年経過していないというのも
びっくりですが、いくら探偵と言っても短い期間に行く先々で事件に遭遇しすぎでは?と
思ってしまうのは私だけでしょうか?(笑)
 
わざわざ紹介するまでもない、皆が知っているこの漫画。
でも、ずっと読んでる人って意外と少ないのではないでしょうか。
子どもの時に少年サンデーを買って読んでいたとか、
アニメを見ていたという人は多いと思います。
私もそのうちの1人でした。
 

簡単にストーリーをおさらいすると、
 
高校生探偵、工藤新一は遊びに行った遊園地で怪しげな組織の取引現場を目撃。
口封じのために毒薬を飲まされた結果、薬の副作用によって記憶はそのままに
小学1年生の体になってしまう。
自分が生きていることを組織に知られたら命を狙われ、周りにも危険が及ぶので、
江戸川コナンと名乗り、謎の組織の情報を得る為、父が探偵である事を理由に、
幼馴染の毛利蘭の家に居候する事に。
毛利小五郎のもとにやってくる(あるいは遭遇する)事件の数々を
コナンが解決していく、・・・というもの。
 
 
数年前から、「名探偵コナンがすごく面白い展開になっている」という噂は聞いていました。
ずっと買おうか悩んでいる間に気付けばコミックスは90巻超え。
そんな私も昨年ついに全巻買ってしまったんですが、
昔はそこそこ読んでいたしアニメも見ていたうえ、
子供の頃は夏休みなんかによく再放送をしていたので、
1巻から読んでいて、「あ、この話知ってる、この話も知ってる」というのが多かったのです。
そして私が長年全巻購入を渋っていた1番の理由がまさにこれです。
「内容をある程度知っているから、買ったら後悔するのではないか?」
 
これは、「なぜもっと早く買わなかったのかと後悔する程面白かった!」
というまさかの結果になりました。
アニメで見たけど誰これ?状態だったあのキャラこのキャラのとんでもない設定、
意外な関係性、黒の組織の謎が少しずつ明らかになっていっているなど、
通して読んでみるとものすごく面白かったのです!
その巻数の多さに、過去の私同様買うのをためらっている人がいるなら、
「今すぐ買うべきです!」とお伝えしたい・・・!
 
今回の劇場版『から紅の恋歌(ラブレター)』も見に行くのですが、
まさか子供の頃に好きだった漫画に
大人になって再びハマるとは思いませんでした。
そんな大人をも夢中にさせる名探偵コナン、
GWが暇で仕方がない方もそうでない方も、(笑)
とにかく読んでいただきたい面白い作品です!!


名古屋古書籍商業協同組合
1

古物商許可番号 愛知県公安委員会許可 第542561203700号