ブログテーマ

最近のブログ記事

月間アーカイブ

サイトメニュー

  1. TOP
  2. 買取について
  3. 買取の流れ
  4. 出張エリア
  5. よくあるご質問
  6. お客様の声
  7. 出張お申込み
  8. 業者様へ
  9. 会社概要
  10. 採用情報
  11. プライバシーポリシー
  12. お問い合わせ

古本出張買取屋スタッフブログ

秋吉理香子の小説『暗黒女子』をご紹介  イヤミス作品の映像化 4月1日に映画公開  『お嬢様学校・ミステリー』という設定でここまで面白くしてくれるとは 古本出張買取屋スタッフ日記

2017年02月25日  15時48分
本日もたくさんの古書、古本を買取させていただき誠にありがとうございます。
古本出張買取屋スタッフの吉田です。
 
今回は、4月1日に映画が公開される秋吉理香子の小説
『暗黒女子』をご紹介します。
この作品が映画化すると聞いて、ずっと楽しみにしていたのですが、
清水富美加(千眼美子)主演という事で、今別の意味でも注目されているようです。
お蔵入りになったらどうしようとやきもきしていましたが、
映画は無事公開されるとの事で安心しました!
 
 
舞台は、名門女子高の文学サークル。
学校の経営者の娘で、文学サークルの会長でもあった、白石いつみの死。
美しく聡明で皆から慕われていた彼女の死を悼み、
文学サークル恒例行事の闇鍋会で、
メンバーが1人ずつ、いつみとの思い出をテーマにした短編小説を朗読していく、
というストーリーです。
 
メンバーの書いた短編小説の中では、いつみの思い出とともに
いつみの死についても、それぞれの視点から語られています。
ただ、彼女の死には不可解な点があり、
サークルメンバーの誰かが殺したのではないかという噂も出ていて、
メンバー全員が小説の中で犯人だと思われる人物を名指ししていきます。
一見メンバーの仲が良い華やかな文学サークル。
朗読会が進んでいくにつれて見えてくる、彼女達の抱えている秘密。
犯人は誰なのか、何が真実なのか、読めば読むほどわからなくなっていき、
ラストは「これぞイヤミス!」と言いたくなるような衝撃が待っています。
 
 
イヤミスとは、読んで嫌な気分になる「後味が悪いミステリー」の事。
後味が悪いのになぜかクセになるジャンルで、
私も最近はイヤミスばかり読んでいます。
最近ではイヤミス作品の映像化も多く、
有名なところでは、松たか子主演で映画化された、湊かなえの『告白』、
尾野真千子主演でドラマ化された、真梨幸子の『殺人鬼フジコの衝動』、
今年の9月に吉高由里子主演で映画が公開される、沼田まほかるの『ユリゴコロ』など、
その人気の高さがうかがえます。
 
偶然ですが、今挙げた3作品と今回ご紹介している『暗黒女子』、
すべて女性の作家が、女の恐ろしさや狂気を描いた作品。
女性が女の醜い部分を描く事で、恐ろしさが増しているような気がします。
 
『暗黒』と『女子』という言葉の組み合わせと、
セーラー服の女の子が悲しそうな顔でこちらを見ている表紙のデザインに、
「これは買うしかない!」と手に取った小説でしたが、
『お嬢様学校・ミステリー』という設定でここまで面白くしてくれるとは!!
映画ではどこまで原作のどす黒さを表現できるのか・・・、
『暗黒女子』、公開がとても楽しみな作品です!!


名古屋古書籍商業協同組合

今回おすすめするのは、小説『私を知らないで』 白河 三兎(しらかわ みと) 集英社文庫 意味深なタイトルと、悲しそうな表情の女の子がヒマワリを抱えている表紙に惹かれて 古本出張買取屋スタッフ日記

2017年02月11日  14時44分
本日もたくさんの古書、古本を買取させていただき誠にありがとうございます。
古本出張買取屋スタッフの吉田です。
 
今回おすすめするのは、白河三兎(しらかわ みと)の小説『私を知らないで』。
意味深なタイトルと、悲しそうな表情の女の子がヒマワリを抱えている
表紙に惹かれて手に取りました。
シリーズ物以外では、ここ数年で1番買ってよかったと思えた作品です。
 
 
中学2年生の「僕」黒田慎平が、転校先で同じクラスになった美少女、新藤ひかり。
彼女は「キヨコ」と呼ばれてクラス中から無視されていた。
 
親に捨てられたひかりは、おばあさんと2人暮らし。
学校にもっていくお弁当はいつも塩おにぎりのみ。
家には電話も引いていなくて、携帯も持っていない。
洗濯はコインランドリーで。
それなのに、ひかりは休日ブランド物のバックをもって、
ものすごいおしゃれをして渋谷に行っているらしい。
おばあさんも苦しい生活のせいか気難しくなり、近所との交流もなくなっているので、
ひかりがいかがわしい事をしてお金を稼いでいるのではないかと悪い噂がたっている。
彼女の事が気になって、休みの日に後をつけた慎平はひかりの秘密を知ってしまう。
 
 
正直なところ、途中までは読んでいて「ありがちだなー」と思っていました。
「主人公が女の子にとってのヒーローみたいな存在になって、
主人公と女の子にいくつかビックリするような過去があったりして、
結末もよくある感じなんだろうな~、買ったの失敗だったかな~?」と。
 
読み終えて猛省。
ボーイ・ミーツ・ガール系にありがちな青春小説だと思ってすみませんでした・・・!!
 
話のテーマが重いので、共感したくてもできない部分が多かったのですが、
貧乏な家庭で育ったひかりの「長く使える良い物を買う」という考え方が素敵だと思いました。
『安くて質の良いものもある。でもそれを大事にしようとは思わない。
「どうせ安物だから」「また買えばいい」と消耗品扱いにする。』
『消耗品を買うことはお金を無駄に捨てること。それなら高くて上質なものを買って大事にしよう。』
本当にその通りだな、と。
安い値段で色々手に入るから、あれもこれもと買ってしまう。
いつでも買えるからと、物を大事にする気持ちが薄れている。
自分の生活を振り返って、どれだけ無駄な買い物をしているんだろうと思わせられた、
胸に刺さる言葉でした。
 
この『私を知らないで』は、少年少女の甘酸っぱい恋愛ものとはちょっと違います。
でもそういうのが好きな人にもオススメしたい作品です。
自分で出来る事が限られている子供のままならなさ、
大人になっても、どうにもならない事はたくさんあるという現実の残酷さを
嫌というほど見せつけられます。
読むのが辛すぎて、何度もページをめくる手が止まりました。
それでも読んでよかったと思えた小説です。
 
最後まで読んでから序章を読み返すと、そこに込められた意味とあまりの切なさに
また涙してしまいます。
中学生の話ですが、大人が読んでも考えさせられる事が多く、
色々な世代の方に読んでほしい作品です。


名古屋古書籍商業協同組合
1

古物商許可番号 愛知県公安委員会許可 第542561203700号