ブログテーマ

最近のブログ記事

月間アーカイブ

サイトメニュー

  1. TOP
  2. 買取について
  3. 買取の流れ
  4. 出張エリア
  5. よくあるご質問
  6. お客様の声
  7. 出張お申込み
  8. 業者様へ
  9. 会社概要
  10. 採用情報
  11. プライバシーポリシー
  12. お問い合わせ

古本出張買取屋スタッフブログ

刊行50周年 筒井康隆の『時をかける少女』をご紹介 何度もドラマ化や映画化がされていて、舞台やアニメにもなっているまさに不朽の名作 「1日、1時間、1分、1秒でもいいから時間を元に戻せたら・・・」1度でもそう思った事がある人には、ぜひ読んで(見て)ほしい作品 古本出張買取屋スタッフ日記

2016年07月27日  16時18分
本日もたくさんの古書、古本を買取させていただき誠にありがとうございます。
古本出張買取屋スタッフの吉田です。
 
今回は、筒井康隆の『時をかける少女』をご紹介します。
この作品は、何度もドラマ化や映画化がされていて、
舞台やアニメにもなっているまさに不朽の名作。
刊行50周年を記念して7月からドラマがやると知った時は、
みんな本当にこれ好きだよね~、と思わずニヤニヤしてしまいました。
もちろん私も大好きです!!
 
中学生の女の子がタイムトラベル(タイム・リープ)する能力を手に入れて、
時間遡行を繰り返す、というのが原作の設定。
今では、時間遡行を題材にした物はたくさんありますが、
日本でここまで老若男女に愛されている作品は他にないでしょう!
 
今回のドラマでは、主人公は高校生。
男女の恋と友情・学校生活など、細かい部分まで描く事で
物語の「青春感」もより増しています。
連ドラだからこそ出来る厚みのあるストーリーにも注目です!
このドラマでは、主人公がタイム・リープするきっかけとなった、
未来人の少年目線でも話が進んでいくという
今までの『時をかける少女』にはなかった試みがされており、
原作を知っていても十分楽しめます。
 
私の中で『時をかける少女』といえば、原作の小説と
最初に映画化した原田知世主演のもの、そしてアニメ版なんですが、
原作はもちろんの事、映画もアニメもとても素敵な作品です。
映画版は公開が1983年ですから、今から30年以上前に製作されたもの。
ドラマを見るとわかりますが、今は映像の技術が進歩しているので、
「タイム・リープした感じ」もよりリアルになって、違和感なく見れるんですが、
映画版は80年代当時の使える手法を目一杯使って作った感じが、
作品にいい味を出していて好きなんです。
アニメ版の『時をかける少女』は、『サマーウォーズ』や『おおかみこどもの雨と雪』、
『バケモノの子』を手掛けた細田守が監督を務めた作品。
今年公開10周年になりますが、いまだに根強いファンが多いです。
今回のドラマ版はアニメ版を彷彿させるシーンもあるので、
こちらもあわせて見てみると、よりドラマが楽しめるかと思います。
 
50年の間に、物語の設定に目新しさはなくなっているはずなのに、
これだけ何度も映像化されるというのは、
『時をかける少女』に、それだけ人の心を惹きつけるものがあるからでしょうね。
遠い過去や未来に行く話ももちろん面白いけれど、
「日常の中で起こる問題に、タイム・リープを使って対処する」という所に、
自分もこういう事ができればいいな、と思う人はたくさんいるはずです。
 
あの時ああしていればよかった、と思う事が、人生には数え切れない程あります。
どれが正解かわからないまま選択を迫られる事がたくさんあって、
自分の小さな行動が、人生を大きく変えてしまう事もある。
「1日、1時間、1分、1秒でもいいから時間を元に戻せたら・・・」
1度でもそう思った事がある人には、ぜひ読んで(見て)ほしい作品です。
 
長年愛されている作品だけあって、原作も過去様々な版が出ていますが、
それぞれ素敵な装丁なので、見比べてみると面白いですよ!
この夏一番の注目作『時をかける少女』!
小説もドラマも、なんならアニメも映画も楽しんで、自分にとっての1番を探してみるのもオススメです!!


名古屋古書籍商業協同組合
コメント
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバックURL:

古物商許可番号 愛知県公安委員会許可 第542561203700号