ブログテーマ

最近のブログ記事

月間アーカイブ

サイトメニュー

  1. TOP
  2. 買取について
  3. 買取の流れ
  4. 出張エリア
  5. よくあるご質問
  6. お客様の声
  7. 出張お申込み
  8. 業者様へ
  9. 会社概要
  10. 採用情報
  11. プライバシーポリシー
  12. お問い合わせ

古本出張買取屋スタッフブログ

河野裕の『いなくなれ、群青』 新潮文庫から派生したレーベル新潮文庫nex ライト文芸というジャンルで、 ライトノベルと一般文芸の中間 大学生に最も読んでほしい本を選ぶ「大学読書人大賞」などで 1位をとった評判の作品なので、書店に行くと目立つところに置いてあります 古本出張買取屋スタッフ日記

2016年05月10日  17時11分
本日もたくさんの古書、古本を買取させていただき誠にありがとうございます。     
古本出張買取屋スタッフの吉田です。
 
最近、新潮文庫nexというレーベルが気になっています。
2014年に創刊100周年を迎えた新潮文庫。
この新潮文庫から派生したレーベルとして2014年8月から刊行されたのが新潮文庫nexで、
現在はシリーズ物を含め60作品程あります。
 
新潮文庫nexを意識するようになったのは、このレーベルで刊行された
河野裕の『いなくなれ、群青』を読んだのがきっかけなんですが、
これがまあ面白かった!!
 

 
階段島という小さな島。
その島には多くの謎があります。
 
・住人達には島に来た時の記憶がない。
・グーグルの地図には載っていないのに、通販の荷物は届く。
・小学生以下の子供がいない。
・島から出る事は出来ない。
・島から出る唯一の方法は、その人が失くしたものを見つけ出すこと。
・月に1人か2人島の住人が消えて、戻ってこない。
・階段島は島に住む魔女に支配されていると言われている。
・階段島は「捨てられた人々の島」と言われている。
 
この島に来て数か月の高校生七草君が、幼馴染の真辺由宇と再会した事をきっかけに、
島の謎が明らかにされていきます。
 

 
私はミステリーを読むのが好きで、毎回「私がこの謎を解明してみせる!」と、
意気込むのですが、いつの間にかただの読者にもどっていて、
解明できた試しがありません。
この『いなくなれ、群青』も、階段島の謎について様々な仮説が浮かんだものの、
どれもかすりもせず・・・。
予想外の展開に驚きっぱなしでした。
 
 
新潮文庫nexはライト文芸というジャンルで、
ライトノベルと一般文芸の中間の位置にあります。
キャラクターを主体にしている小説という事で、キャラクター文芸などと呼ばれることも。
例を挙げると、2013年にドラマ化されたメディアワークス文庫の『ビブリア古書堂の事件手帖』が
ライト文芸にあたります。
ちなみにこのビブリア古書堂のシリーズと階段島シリーズ、
ともに越島はぐというイラストレーターさんがイラストを担当しています。
 
新潮文庫nexで本が出ている作家は、『何者』で直木賞を受賞した浅井リョウや、
『心霊探偵八雲シリーズ』で有名な神永学などがいるかと思えば、
大御所島田荘司が『御手洗潔シリーズ』を出していたりして、
本屋で見かけると、ワクワクしてしまいます。
 
この『いなくなれ、群青』から始まる物語は、
2作目『その白さえ嘘だとしても』、3作目『汚れた赤を恋と呼ぶんだ』まで出ており、
4作目は今年の秋刊行予定です。
3作目がものすごく気になる終わり方だったので、早く続きが読みたくて仕方ない・・・。
 
1巻だけちょっと読んでみようかな?と思った方、
1巻を読んだら絶対続きが気になるので、
思い切ってシリーズ3冊とも買う事をおすすめします。
大学生に最も読んでほしい本を選ぶ「大学読書人大賞」などで
1位をとった評判の作品なので、書店に行くと目立つところに置いてありますよ!    
 
今後も新潮文庫nexでは毎月たくさんの作品が刊行される予定です。
このレーベルのこれからに期待したいと思います!!


名古屋古書籍商業協同組合
コメント
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバックURL:

古物商許可番号 愛知県公安委員会許可 第542561203700号