ブログテーマ

最近のブログ記事

月間アーカイブ

サイトメニュー

  1. TOP
  2. 買取について
  3. 買取の流れ
  4. 出張エリア
  5. よくあるご質問
  6. お客様の声
  7. 出張お申込み
  8. 業者様へ
  9. 会社概要
  10. 採用情報
  11. プライバシーポリシー
  12. お問い合わせ

古本出張買取屋スタッフブログ

本で床が抜ける? 蔵書の多さに頭を抱えている方にぜひ読んでいただきたい1冊、『本で床は抜けるのか』をご紹介します。作者 西牟田靖 具体的な対処法を紹介するノンフィクション 読書家の間で大きな話題を呼んだ連載『本で床は抜けるのか』が単行本化 古本出張買取屋スタッフ日記

2016年01月02日  15時57分
本日もたくさんの古書、古本を買取させていただき誠にありがとうございます。     
古本出張買取屋スタッフの吉田です。
 
今回は、蔵書の多さに頭を抱えている方にぜひ読んでいただきたい1冊、
『本で床は抜けるのか』をご紹介します。
 
本が棚に収まりきらず、床が見えなくなっているのに、
買うのをやめられずどんどん増えていく。
このままでは床が抜けてしまうかもしれない、という不安を抱えつつ、
気付けばまた本を買ってしまっている。
そんな本好きさんは結構多いのではないでしょうか。
私も自室の状態に不安を感じて、この本を手に取りました。
 
この『本で床は抜けるのか』という作品、
作者の西牟田靖さんが「仕事場の床が抜けるかもしれない」と
不安を覚えた事がきっかけで、
実際に床が抜けた事がある人や、床が抜けたのを見た事がある人、
床が抜けそうな人に話を聞きに行く、というノンフィクションです。
 
雑誌や新聞を20年溜め込んで床が抜けた人、
地震によって本の山が崩れて床が抜けた人など、
実際に床が抜けてしまった人はたくさんいらっしゃるようで、驚きました。
床抜けの不安を解消する為にこの本を買ったのに、
自分の部屋は大丈夫だろうかと不安は増す一方。
一般の方でそこまで溜め込むのもすごいですが、
本に関わるお仕事をされている方はもっとすごかった!
 
どれだけ本があると床が抜けるのか、という事を調べる過程で、
大量の蔵書を抱えていた評論家の草森紳一さんの話がありました。
2DKの自宅に3万冊、生家の書庫にも3万冊の蔵書。
浴室以外のすべての場所が本で山積みなので、
お風呂に入ろうとした時に本の山が崩れて浴室に閉じ込められる、
本棚に入りきらない本を床置きするので、どの部屋も天井近くまで本で埋まり、
家の中ではカニ歩きで移動する、などのエピソードもすごかったのですが、
草森さんが2008年に亡くなった時の読売新聞の記事に衝撃を受けました。
 
『部屋には所せましと本が積み重ねられており、遺体はその合間に横たわっていた。
あまりの本の多さに、安否を確認しに訪れた編集者でさえ、
初日は姿を見つけることができなかった、という。』
 
最後まで読んでみて、この本はノンフィクションというより、
ホラーではないかと思いました。
床が抜けると、損害賠償で多額のお金を支払ったり、
自分や周りの人がひどいケガを負う場合もありますし、
床が抜けずとも、たくさんの本は時に最悪の事態を招く恐れもあります。
 
正直なところ、今後蔵書をどうするかという解決策も見つからず、
自炊をする踏ん切りもつきませんでしたが、
人によってはこの本を読んで自分の蔵書をどうするか、答えが出るかもしれません。
 
たくさんの蔵書にお困りの方、もしも売る事をお考えでしたら、ぜひ古本出張買取屋まで!
ご連絡お待ちしております。(笑)


名古屋古書籍商業協同組合
コメント
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバックURL:

古物商許可番号 愛知県公安委員会許可 第542561203700号