ブログテーマ

最近のブログ記事

月間アーカイブ

サイトメニュー

  1. TOP
  2. 買取について
  3. 買取の流れ
  4. 出張エリア
  5. よくあるご質問
  6. お客様の声
  7. 出張お申込み
  8. 業者様へ
  9. 会社概要
  10. 採用情報
  11. プライバシーポリシー
  12. お問い合わせ

古本出張買取屋スタッフブログ

AKB48の渡辺麻友と稲森いずみのW主演でドラマ化された小説『書店ガール』累計で50万部を超えるヒット作 (著)碧野 圭 PHP文芸文庫 古本出張買取古本出張買取屋スタッフ日記高価買取情報

2015年07月15日  13時28分
本日もたくさんの古書、古本を買取させていただき誠にありがとうございます。
古本出張買取屋スタッフの吉田です。


先日、稲森いずみとAKBの渡辺麻友のW主演でドラマ化された小説、
『書店ガール』シリーズの4作目を読みました。
このシリーズはタイトルの通り、書店で働く女性達のお話。
実際に書店で働いている人はもちろん、異業種の人や学生さんが読んでも、
楽しめる作品です。

この本を読んでいるとよく分かるんですが、
本が売れないと言われるこの時代、書店員の苦労の多い事!!
本を売る為に計算した棚を作り、POPを書き、山のように入ってくる新刊と格闘し置き場を決め、
返品作業をし、万引きされないよう店内に目を光らせ、お客様の対応をし・・・
そうやって頑張っても、昔と比べて本は売れなくなってきています。

『書店ガール』4作目の主人公の1人高橋愛菜は、就職活動を控えていますが、
バイト先の書店の現状から、書店への就職を視野に入れるべきかどうか悩んでいます。
「薄利多売の書店業界に未来はあるのか?書店で働く意味はあるのか?」
書店業界で避けては通れないこの問いに、
愛奈がどう答えを出すのかドキドキしながら読みました。

就職・妊娠・育児・高齢になった親との生活など、
事情を抱えた様々な年齢の女性達が職場で奮闘する姿に、
過去の自分が重なり、また未来の自分が見えるような気がして、
女性の読者は特に引き込まれると思います。


実は、私がこのシリーズ全体を通して1番印象に残っているのが、4作目の「解説」なんです。
もちろん、シリーズ4作とも「本っていいなぁ・・・」とじんわり来るとても素敵な作品なんですが、
何故解説なのか。
それは、この解説が書店の良さ、そして4作目での問い「書店で働く意味はあるのか?」の
答えを表わしているのではないかと思ったからなんです。
解説は、この小説を原作としたドラマ『戦う!書店ガール』のプロデューサー、山下有為さん。

この解説を読んだ時に衝撃を受けたんですが、
『書店での本との出会いは、書店員によって作られた物であるかも知れない』というような事が
書いてあったんです。
『その1冊との出会いによって、その人の人生が変わるかもしれない』とも。

書店でなんとなく手にとった1冊。
買って読んでみたらすごく面白くて作家のファンになった、なんて事ありますよね。
それが実はなんとなく手にとったのではなく、書店員によって手に取るように仕向けられていた、と・・・!!

「売れるように本の置き方を工夫する」
これって当たり前の事なんですけど、
考えてみると、それによって誰かの人生が変わるかもしれないってすごい事ですよね。
皆さんも人生が変わるきっかけになった1冊、心の支えになっている1冊、
自分の考え方を変えた1冊など、何かしらあるのではないでしょうか。

毎日色々な本が出版されている中で、運命の1冊に出会えるのは書店員のおかげだったと知って、
書店で本を見るのがますます楽しくなりそうな私です。


名古屋古書籍商業協同組合
1

古物商許可番号 愛知県公安委員会許可 第542561203700号