ブログテーマ

最近のブログ記事

月間アーカイブ

サイトメニュー

  1. TOP
  2. 買取について
  3. 買取の流れ
  4. 出張エリア
  5. よくあるご質問
  6. お客様の声
  7. 出張お申込み
  8. 業者様へ
  9. 会社概要
  10. 採用情報
  11. プライバシーポリシー
  12. お問い合わせ

古本出張買取屋スタッフブログ

ワクワクする漫画 古本出張買取屋スタッフ日記

2011年12月23日  10時38分
本日もたくさんの古書、古本を買取させていただき誠にありがとうございます。

古本出張買取屋スタッフの吉田 愛です。
 

突然ですが、皆さんは電車に乗った時、何をして過ごしてますか?
最近だと携帯をいじっている人や音楽を聞いている人、多いですよね。
私は今日電車に乗ったのですが、音楽プレイヤーもなく、電車内でする事がなかったので、
事前に駅のコンビニに寄って、漫画を買いました。

買ったのは、私の大好きな漫画『ギャングキング』です!!
この漫画、先月23巻が発売になったのですが、
ヤングキングという雑誌に連載されている不良漫画で、とにかく面白いんです!!

簡単に説明すると、彫り師になる事を夢見る不良の高校生『ジミー』が、
色々な人達と関わりあう中で、
悩んだり迷ったりしながら成長していくという物語です。


不良漫画なので、もちろん喧嘩のシーンばかりなのですが、
主人公や周りの人達の色々な思いや葛藤に共感したり、
友情に涙したりしながら、たくさんの事を学べる本当に素敵な漫画なのです!!
不良漫画に抵抗がある人も、1度騙されたと思って読んでみてほしい!!



そんな訳で今日は『ギャングキング』のおかげで電車移動の時間をとても楽しく過ごせました!!
電車移動は本を読むに限ります!!
ただ読むのに夢中になっていると、乗り過ごしそうになるので注意が必要ですね(笑)


名古屋古書籍商業協同組合

由紀さおりさんのニュース 古本出張買取屋スタッフ日記

2011年12月22日  17時32分
本日もたくさんの古書、古本を買取させていただき誠にありがとうございます。

古本出張買取屋スタッフの崎山 博志です。

 
昨今、ニュースをTVや新聞で拝見
していると、明るい話題が少なすぎる
ような気がしてました。
 
そこに 由紀さおりさんのニュースが。
彼女の歌が欧米で話題になり、連日の
米国ツアーも大成功のようです。
アルバム(1969)のCDや配信も各国の
チャートで上位に。本人もビックリとの事です。
歌詞を英訳したわけでもなく、1969年当時の歌謡曲
を日本語で自然体に歌っているそうです。
米国のジャズ系バンド(ピンク・マルティーニ)のリーダー
が彼女のレコードを聴き、カバーし、ユーチューブに
アップしたところから火がついたよう。
世界には、アピールすることに、たけている人はいるもの
で、自分だけで頑張りたがる日本人には盲点だったの
かもしれませんね。
 
ここのところ、日本はもうダメなんじゃないかと思わせる
出来事が多い中、気づいていないだけで実は評価に
値することが、眠っているかも。と思わされました。
 
古本の世界も眠っている良書を発掘し、
世間にアピールすることで商売が成立します。
 
由紀さおりさんのニュースは、ビジネスチャンス
はどこにでも転がっていることを暗示してくれたの
でしょう。


名古屋古書籍商業協同組合

安易な電子化による著作権侵害 古本出張買取屋スタッフ日記

2011年12月21日  18時23分
本日もたくさんの古書、古本を買取させていただき誠にありがとうございます。

古本出張買取屋スタッフの崎山 博志です。

書籍の電子化について
作家の方々が何人かで集い反対している
ようです。
 
東野圭吾さんや弘兼憲史さんを中心に
安易な電子化による著作権侵害そして
作家にとっての死活問題だと。
ニュースを見ていると、電子化をするために
本を破り1ページずつスキャンするのだとか。
これが本当なら、多くの人によんでもらうためとはいえ
いいイメージはうけません。
(手法としてはしょうがないのかもしれませんが)
もっと大きな問題は前述した著作権はどうなっているのか?
ということです。
 
昨今 媒体が変わりつつあるとはいえ、
正式な手続きはとって欲しいものです。
電子化によって、作家の方々の意欲を
失わせる事態だけは避けて欲しいですね。
何年か先に両雄(紙と電子)が並び立てるよう願っています。

名古屋古書籍商業協同組合

『小学生男子(ダンスィ)のトリセツ』 古本出張買取屋スタッフ日記

2011年12月20日  18時30分
本日もたくさんの古書、古本を買取させていただき誠にありがとうございます。

古本出張買取屋スタッフの富田 卓磨です。

 
今回は、ある本が話題になっているというニュースの事を書きたいと思います。
 
 
イラストレーターのまきりえこさんによる子育てブログ「ちくわの穴から星☆を見た」
 
 
を書籍化したもので、その名も『小学生男子(ダンスィ)のトリセツ』(税込み1,000円)。
 
この本の内容は、作者と長男「おりぇくん」による"笑ったり怒ったり、
 
 
時々しみじみ"な日常を四コマ漫画にしてまとめたものだそうです。
 
 
要は、小学生男子の"あるある"な生態を生々しく紹介してくれる一冊だそうです。
 
 
この作者のブログは2006年のスタート以来、今までに2500万以上のヒットを
 
 
記録しているそうで、現在もブログは毎日更新されており、
 
 
小学4年生(10歳)になったおりぇくんの日常を現在進行形で垣間見ることができます。
 
 
 
ちなみに、本のタイトルになった「男子(ダンスィ)」とは、ネットスラングの
 
 
「ダンスィ」を意識しているとのことです。少年らしいやんちゃやいたずら、
 
 
冒険心に富んだ遊びを好む小学生男子を指した総称を「ダンスィ」と呼ぶらしいですよ。
 
ネット上で有名な男子とダンスィの違いの例を挙げますと・・・
 
 
①横断歩道は左右確認の後に手を挙げて渡るのが「男子」
 
 横断歩道は白いとこから落ちたら死ぬのが「ダンスィ」
 
 
②「雨の日に傘を差して濡れないように帰ってくるのが「男子」 
 
 雨の日に傘を武器にして何本もダメにするのが「ダンスィ」
 
 
③学校の机の中はきちんと片付いているのが「男子」
 
 プリントアコーディオンで一杯なのが「ダンスィ」
 
 
・・・妙に納得できるような出来ないような。
 
 
そして、同書にも「小学生男子(ダンスィ)」の生態について例が挙げられている。
・すべてのポケットになぜか砂が入っている
・傘はひっくりかえしておちょこにしなければ気がすまない
・棒を見ると拾ってしまい、石ころを見ると蹴ってしまう
・けしカスは、資源だ! ごみじゃない! 捨てるなんてもってのほか
・凹んでも再起動は3秒後

この愛すべきおバカっぷりが、世のママさんたちや、今はいい大人の元・ダンスィ"を

癒してくれる一冊になりそうですね!

名古屋古書籍商業協同組合

ジョジョリオン 古本出張買取屋スタッフ日記

2011年12月19日  18時16分
本日もたくさんの古書、古本を買取させていただき誠にありがとうございます。

古本出張買取屋スタッフの富田 卓磨です。


今日は待ちに待った、本の発売日です!!!
 
 
長きにわたり、シリーズ連載を続けている作品と言えば、
 
 
そう。荒木飛呂彦「ジョジョの奇妙な冒険」ですね!!
 
 
その第8部となる「ジョジョリオン」1巻が、12月19日に発売されました~~~!
 
 
「ジョジョリオン」の舞台は、第4部「ダイヤモンドは砕けない」に登場したS市杜王町です。
 
 
3月11日の大地震で現れた「壁の目」と呼ばれる大きな壁で、
 
 
男から逃げていた広瀬康穂が謎の男性を助けるところから物語が始まるサスペンスだそうです。
 

ウルトラジャンプ2012年1月号(集英社)には、「ジョジョリオン」が表紙と巻頭カラーで登場。
 
 
付録には、単行本1巻のドレスアップ・クリアカバーが付いているので、
 
 
今日はジャンプと単行本のジョジョセットをテイクアウトしちゃいましょ~~~!!


名古屋古書籍商業協同組合
1  2  3  4  5

古物商許可番号 愛知県公安委員会許可 第542561203700号