ブログテーマ

最近のブログ記事

月間アーカイブ

サイトメニュー

  1. TOP
  2. 買取について
  3. 買取の流れ
  4. 出張エリア
  5. よくあるご質問
  6. お客様の声
  7. 出張お申込み
  8. 業者様へ
  9. 会社概要
  10. 採用情報
  11. プライバシーポリシー
  12. お問い合わせ

古本出張買取屋スタッフブログ

9割がバイトでも最高の感動が生まれるディズニー 古本出張買取屋スタッフ日記

2011年11月30日  18時19分
古本出張買取屋スタッフの崎山 博志です。

一つ面白そうな本を発見しました。
 
タイトル→(9割がバイトでも最高の感動が生まれる
       ディズニーのホスピタリティ)
 
出版社→中経出版
 
ディズニーランド。日々の苦労を忘れ、心から
楽しめ、夢を見られる場所ですよね。
果たしてディズニーのスタッフの方々はどのようにして
あれだけのホスピタリティを生み出しているのか。
興味津々です。
ウォルト・ディズニーの哲学が全員に浸透しているのでしょうか。
お客様への思いやりが最高の人材を育てるとも書いてありました。
これは、どんな会社へも応用できる事かもしれませんね。
 
 
さて話し変わりますが、12月に入ると大掃除の時期となり、
弊社も古本買取で忙しくなる事が予想されます。
これまでは春日井市内を中心に古本の出張買取が多かったのですが
近隣の小牧市や名古屋市の皆様方も御相談いただければ、
迅速に対応致します。
気持ちよく新年を迎えるためにも、不要な物は今のうちに手放してすっきりしましょう。
本・CD・DVD等、お客様が処分したいものや、値が
つかないものについてもお引き取りさせていただきます。

『雑誌』 古本出張買取屋スタッフ日記

2011年11月16日  21時49分
古本出張買取屋スタッフの吉田 愛です。

ここにも先日書きましたが、私は現在家にある本の整理をしています。
1冊1冊状態をチェックしたり、いる物とそうでない物をわけたり、
作家ごとに並べたり、ああでもないこうでもないと苦戦しているのですが、
そんな中で思った事がありまして・・・。

それは『雑誌』についてなんですけど。
雑誌って色々な種類があるだけあって、その紙質も様々ですよね。
例を挙げると、少年ジャンプなどの雑誌は表紙も中の紙も薄くて、
女性向けファッション誌などだと、表紙は少ししっかりしているとはいえ、
ジャンプと同じで中身はペラペラの紙です。
保管の方法を考えた時に、前者は分厚く、平綴じという方法で製本されているので
縦の保管が向いていると思うのですが、
後者の場合、厚さに関係なく中綴じという方法で製本されている物が多い為、
縦に並べて保管しようとすると不安定になってしまい、
上手に保管しないと、年数が経つにつれ歪みがでたりしてしまう訳です。

つまり、雑誌は保管が難しい!!

これが几帳面な方なら問題ないのですが、
あいにく私は几帳面などという言葉とは縁遠いもので・・・。
そのせいで、本日大事件が起こりました。

部屋で本を整理していた時の事です。
1冊の雑誌が私の視界に入りました。
2年前に発売された、少年チャンピオン48号です。
これは、手塚治虫生誕80周年と少年チャンピオン創刊40周年を記念した、
『ブラック・ジャック』特集号(当時少年チャンピオンに連載)なのです。
手塚治虫好きな私としては、一生残しておきたい大事な物なので、
わざわざ他の雑誌とわけて横向きに置いてあったその雑誌が、
恐ろしい事になっておりました。

表紙には折れ跡が付き、ページは歪み、背表紙の上部と下部には劣化が・・・!!
どうしてこんな事に!!!!
あまりのショックで言葉も出ませんでした。
雑誌の場合、読んだら捨てる人も多いかと思いますし
捨てないにしても大切に保管している人の場合手放すのは嫌だと思うので、
新品同様のものって市場にもほとんど出回らないような気がします・・・。
結局自分しだいで新品同様にもボロボロにもなってしまうんですね。
ああ、もう1冊新品同様の物が欲しい!!!!

大事な本はきちんと保管しなければいけないと痛感した日でした。

ドラマ「らんま1/2」 古本出張買取屋スタッフ日記

2011年11月15日  18時27分
古本出張買取屋スタッフの富田 卓磨です。 
  
 
前からいろんな意味で気になってたドラマ化
 
 
「らんま1/2」12月9日から放送されますね~。
 
 
告知ポスターを、原作者・高橋留美子さんが描き下ろしたそうで見てみました。
 
 
描くのは15年ぶりという事でしたが、懐かしのクオリティのまま
 
 
見られて嬉しかったです。
 
 
 
早乙女玄馬のパンダ姿も公開されてましたが・・・
 
 
かなり、リアル差追及のパンダで笑えました!!
 
 
 
高橋さんの作品は大好きで、ほとんど全部読んでますが・・・
 
 
「らんま1/2」のドラマ化。正直作品の思い入れが強い人には
 
 
アニメ化はすんなり入れても、ドラマはう~んという人が多いかもですね。
 
 
 
見てみると意外に面白かったりするので、
 
 
最初は新垣結衣さん目的で見てみるのも良いかもしれませんよ!!


小説「パイレーツ・オブ・カリビアン 自由の代償」 古本出張買取屋スタッフ日記

2011年11月14日  18時45分
古本出張買取屋スタッフの富田 卓磨です。 
 
 
今日は前置き無しでお伝えしたいニュースがあります!!
 
 
若き日のジャック・スパロウに会える!!!
 
 
小説「パイレーツ・オブ・カリビアン 自由の代償」が、22日に竹書房より発売!!
 
 
20歳~25歳の時の話だそうですよ。内容もさることながら、
 
 
原著で約600ページ、翻訳版で上・下巻合わせて1,000ページを超える分量!!!
 
 
読み応えたっぷり期待大です。
 
 
ジャックの知られざる過去に迫る!!楽しみですね~~~~~。
 
 
映画化するなら48歳のジョニーが演じるのか!!
 
 
でもジョニー・デップしか考えられないですよね~。
 
 
そんなことも考えつつ、22日が待ち遠しいです。

今日の紹介作品 古本出張買取屋スタッフ日記

2011年11月13日  18時14分
古本出張買取屋スタッフの吉田 愛です。

今日は、人気作で先月新刊が発売された、中村光の『聖☆おにいさん』を紹介します!!

目覚めた人ブッダと神の子イエス。
この2人が東京の立川でアパートをシェアして
下界でのバカンスを楽しむ、というとんでもないストーリーの本作。
これが本当に面白い!!

読んでいると噴き出したり、涙が出るほど笑ったりしてしまうので、
私は人のいる所ではまず読めません。
ブッダとイエス、お互いの(本人はいたって真剣な)ボケと
(聖人ならではの)ツッコミが思わず『ナイス!』と言いたくなってしまうほどいいんです!!

ブッダもイエスも、聖人なのにびっくりするほど考えが庶民的で、
そこがまたおかしくもあり親近感を覚えます。
有名な聖人ネタ?がそこここに散りばめられているので、
2人の伝記なんかも合わせて読むと、話の中にある小ネタがより楽しめるかと。

作者の中村光はアニメ化・ドラマ化、2012年には映画化も予定されている
『荒川アンダーザブリッジ』も描いています。
興味のある方はぜひ読んでみてください。

1  2  3  4

古物商許可番号 愛知県公安委員会許可 第542561203700号